スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WarMachineROX!

アイアンマン3を見て来ました!
(ここから若干のネタバレを含みます)


アイアンマン3公式







感想としては,1には劣るけれどアメリカな感じの映画だなぁ~と思いつつ,楽しめました.
1からの流れである,トニーの随所にジョーク入れてくる喋り方とか,ローディとの掛け合いやなんかは非常に好ましいところです.「人形のポンチョを盗んでしまった」とか「(その時計は)限定モデルなんだ」とか.

あとは1作目との関連やオマージュっぽい部分を入れているのが楽しかった.
一番初めの部分でインセンと会話していたり,船の上でMk42を充電するのに車載バッテリーを使っていたり.
ていうか充電式なのなMk42.

3は基本的にはトニーの内面に当てたストーリーだったと思うけど,それにしてもアーマーの扱いがひどい気がしないでもない.Mk42はあんなに鳴り物入りなのに結局最後までちゃんと着れてないし,むしろ着ながら戦っているシーンのほうがよっぽど面白いという.やっぱりメカ好きな人が見ているんだろうし,もう少しスーツのメカメカしいところを入れてくれても,,,1のMk3着るシーンとか良かったのにな.


まぁ,監督が変わっちゃ仕方ないか.
まぁ,変な装着洞口か要らなくなるのはどんどんスーツが進歩していくという表現なんだろうからそれはそれで良いのだろうけれど.
今回のすべてのパーツが飛べる設定は,海中で片腕を外して引っ張ったりとか,特徴を生かした描写はあったしね.



あと気になるのは約30体のアイアンマンを同時操作してみたり,CADから今日の天気までの万能AI,JARVISの扱い.あれ確か家の中に搭載されているんでなかったかと思うんだけど,
なんか明らかに家にないかの様な描写になっていた気がする.一体どこにいるんだ.
(壊されてポッツが凹んでいる時に対応してなかったりするし)

あとは,「私はどうすればいいんだ?」の問に対して「メカニックならば,作ればいいじゃない」っていう回答は自分の中に残った.ついでに,そこからのトニーの立ち直りと,DIY武器製造を見てこの映画はやっぱりアイアンマンなんだなぁと実感した.
俺もなんかメンタルやられた時には無心で作ることにしよう(実はMk-1bはじめたのはそれじゃないかという節はある)
でも実際,作るのが好きな人にとってものを作るってすごく良い安定剤だと思う.集中できるし,形になるし.
体調や状況も制作物の出来でわかるから完璧ですね.


そういえば,さっきツイ友さんが,ジュラルミンケースに自分のロボットを入れて運びたいという話をしていた.
すごくわかる.スーツケースひとつに必要なモノがは詰まっているのはたまらなくかっこ良い.
からくりサーカスの人形とか,ゴルゴの銃とか.

自分も,二足はジュラルミンカメラケース,水中ロボットはジュラルミンケースに入れている.
別に中身が良くなるわけでもないけどなんかカッコいい気がする.
あとは壊れにくい.ロボットはタダでさえ重いので,ケースを輸送中に椅子代わりに使ったりもできるのは実は非常に便利だったりする.車使えないし.

でもケースっぽいものがそのまま変形するのもイイ.
例えばこれだ.


うん.やっぱりアイアンマンいいなぁ.
と思った所で今日は終わり.

そろそろMk-1bも次のネタを考えないといけないな.

でもさ,ハッピーは3000度の爆発でよく生き残ったな.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ガガタロス

Author:ガガタロス
ノックアウトを短くしたような大学に通う理系院生。
でも、中身は文型。

ロボットを作るのが好きだったり。
ちなみにスーパー派。
ゲッターがすき。

検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
 
  
 
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。