スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクアモデラーズミーティングに参加@7/14

あまり更新速度が上がらないのは私がめんどくさがり屋だからです.
松原造船所さんで,私の機体を紹介して頂きました!
http://mikipapa707.seesaa.net/

先日,アクアモデラーズの皆さんとJAMSTECでミーティングをしてきました.

今回は,Mk3に水中カメラユニットを追加しました.
これはアキバで買える無線Webカメラです.
ただ,無線は水中では減衰してしまい,充分に通信距離を稼げません.
そこで,無線通信用のアンテナを浮きをつけて水上に出すことにしました.

うきは簡単にペットボトルで,その中にアンテナを入れています.
水中カメラはこの写真のとおりです.
DSC_0040 (1)


t3,∮50のアクリル管に同厚のアクリルで蓋をしています.
反対側はPOMの削り出しです.この部品は旋盤なしでは作れないので他の方法で作りなおそうとおもっています.
搭載した機体はこのような形状です.(仮組み段階の写真.)
1373638520600.jpg

こいつをくっつけた処,以下の様な水中動画をとることが出来ました.

水中カメラ動画 from Hirokazu Yamagata on Vimeo.



まだまだ不安定&FPS不足ではありますが,とりあえずこの方法で水中カメラユニットを使えるということはわかりました.

8月末の水中ロボコンにも参加しようと思っているので,
次はこの機体の有線化と魚雷の配備に向けて動いていこうと思います.
スポンサーサイト

RaspberryPIのWifiのIP固定といろいろインストール

RaspberryPIに颯爽とOpen-CV入れちゃってWebカメラで画像解析する予定が色々と手間取っていた.

主な問題としては2つ.
1.WifiのIPがうまく固定できなかったこと
2,なんかうまくソフトがインストールできなかったこと

結局はWifiの設定がうまく行かなかったことが原因だったので,1が解決された時点ですべてが上手く行った.
1の原因は設定がうまくいっていなかったことと,ルータのファームウェアがうまくいっていなかったためだった.
Wifiの問題は以下の手法で設定を行うことで成功した.


まずは,ひと通りの作業を行うためにSuperUserになる.
Wifiの設定は
/etc/networkのinterfacesなのでそこまで移動し,念のため,ファイルをコピーする.
interfaces-bu.png
んで持ってnano(エディタ)で設定をいじった.

元のデータは以下のとおり.
interfaces01.png


これをこのように設定を変えた.
interfaces03.png


auto wlan0    この行で無線LANを自動で起動するように設定ができる.

次の
iface wlan0 inet static でLANのIPを固定と宣言する.
address/netmask/wpa-ssid/wpa-pskは事前に調べた値を入れておく.
iwconfigやifconfigでこれらの値は調べられる.

これでrebootしてやればとりあえず無線LANをIP固定で自動起動することができる.

webカメラは繋げば認識された.
ただ,このままでは動作を確認できない.
そこで,Webカメラの状態を確認するためにguvcviewをインストールした.

まず,
apt-get update
apt-get upgrade で現状のデータをすべて更新した.

その後,
apt-get install guvcview
usermod -a -G video pi
modprobe uvcvideo
でインストール,設定を行い,その後rebootしておく.

あとはstartxして,guvcviewを起動すればUSBカメラの動画を見ることができた.

明日以降は他の方がやっている,顔認識のサンプルでも試して見つつ,水中ロボコンの用意をしようと思う.

とりあえず,今日のオモシロイコトはここまで.
プロフィール

ガガタロス

Author:ガガタロス
ノックアウトを短くしたような大学に通う理系院生。
でも、中身は文型。

ロボットを作るのが好きだったり。
ちなみにスーパー派。
ゲッターがすき。

検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
 
  
 
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。